上郷整形外科・リハビリテーション科

肩こり、腰痛、関節痛などの治療は、豊田市の上郷整形外科・リハビリテーション科

0565-25-0377

9:00~12:00/16:00~19:00
休診:木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

専門外来骨粗しょう症

  1. 上郷整形外科・リハビリテーション科
  2. 専門外来
  3. 骨粗鬆症外来

骨粗しょう症外来

骨粗しょう症は、予防できます

骨粗しょう症になると、ちょっと尻餅をついたり、転んだ拍子に手をついただけなど、軽い衝撃でも、簡単に骨折してしまいます。 ひどくなると、物を持ち上げたときなど、ちょっとしたことで背骨の圧迫骨折が起きてしまい、慢性的な腰痛が起きたり、身長がちぢんたり、背中が丸まってきたりします。

骨量の年齢変化の推移

骨粗しょう症は、それが命に関わる重大な病気ではありません。しかし骨折したことで、立つことや歩くことができなくなれば、要介護や寝たきりになる可能性が高まります。

骨密度検査と血液検査で、骨粗しょう症がわかります

骨密度は、腕やかかとなど色々なところで測れますが、意外と数値がバラバラです。
しかし、重大な骨折のリスクを知る上で一番大切なのは、脚の付け根(大腿骨頚部)および腰椎の骨密度です。 当院では、DEXA法という骨密度を正確に測るための機械があります。

また意外と知られていませんが、血液検査や尿検査でも、骨粗しょう症を調べることができます。(骨代謝マーカー)

古くから、骨粗しょう症には2つの種類があることが知られていますが、近年、それを実際の診療に活かすことができるようになってきました。また大規模な研究により、骨粗しょう症の程度や年齢、性別により、骨折を起こしやすい部位もわかってきています。

骨密度測定と血液検査を組み合わせ、皆さまに最適な治療計画をご提案できます。
骨密度測定だけでも行っておりますので、お気軽にお申し付けください。

骨粗しょう症によく効くお薬があります

骨粗しょう症の治療薬と言うと、昔はカルシウム剤やビタミンD剤が中心で、あまり大きな効果は期待できませんでした。
しかし、今は、2つのタイプの骨粗しょう症、骨折しやすいそれぞれの部位に合わせた薬があります。

「骨の新陳代謝」と「骨粗しょう症」

骨が壊れるのが早いタイプは、骨を壊さないようにするお薬を使います。
骨を作るのが遅いタイプは、骨をしっかりと作ってくれるようにするお薬を使います。
また、骨粗しょう症のお薬は種類によって効果の出やすい部位が異なるため、年齢や性別など、患者さん一人ひとりのリスクや生活背景に合わせてお薬を検討いたします。

また、定期的に検査をして、ときどき薬を変えることも大切です。よく効くお薬でも、同じ薬を長い間飲み続けていると、骨の代謝が悪くなってしまうことがあるからです。

自分の骨粗しょう症タイプを正しく診断し、一人ひとり異なるお薬の効き具合などを把握しながら、骨粗しょう症に負けない骨作りをしていきましょう。

こんな痛み、悩みはありませんか?

  • 関節が痛い
    関節が痛い
  • ケガをした
    ケガをした
  • 足や手のしびれ
    脚や手の
    しびれ
  • 漢方薬
    漢方薬を
    試したい
  • 寝たきり予防(ロコモ外来)
    寝たきりを
    予防したい
  • 骨折予防(骨粗しょう症外来)
    骨折を
    防ぎたい

診療科目:整形外科、リハビリテーション科、リウマチ科

診療時間
9:00-12:00
16:00-19:00

休診日:木曜午後、土曜午後、日曜、祝日

医療スタッフ募集中

<募集職種>

現在、看護師・理学療法士・作業療法士・柔道整復師・リハビリ助手・医療事務を募集しています。

採用情報

求人採用情報